夏っ

 インターネットから引退状態の蟲吉です(><)。  北海道にもようやく夏がやってきました。初夏の気配無くいきなり夏到来ですw  先日(6/24)に手稲山、そして今晩は仕事あけに円山に行ってきました。  カメラを忘れるおおぽかをやって手稲山についてはスルーです(爆)。初めてのクロモンサシガメが感激でした。  そして円山。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

更新履歴: 鬼灯庵と近況報告

 ご無沙汰しております。  10週目で力尽きた某キャンペーンの後は、オフラインにて、文献管理ソフトによる収集文献の整理に没頭しておりました。まだ道半ば、といったところでありますが、指の間接が痛く、脳の薄皮が痒くなってきたので、ありぱぱさんからいただいた異国のカメムシを眺めて癒されています。  というわけで、久しぶりに「世界のカメ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

更新履歴: 世界のカメムシ

 10週目。  やっぱり「中島公園のカメムシ」はもう少しお待ちください(汗)。  今回は(も?)ありぱぱさんのご好意で入手することのできた米国産の有名農業害虫Murgantia histrionica を追加しました。キャベツのハーレクインカメムシとして知られる種類ですが、キンカメムシ科にもハーレクインカメムシを称する種がありま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新年の挨拶と更新履歴

 あけましておめでとうございます。  当方喪中にて年賀状は作成しませんでしたが、図案だけはあったのでここに貼り付けておきます。  年賀状をいただいた皆様には寒中見舞いということで返信をさせていただく予定です。  さて、新年一発目、去年から引き続き9週目の更新です。  北海道のカメムシにマキバサシガメ2種(ハラビロマキバサ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

更新履歴: 鬼灯庵: 北海道のカメムシ

 8週目です。ていうか今年ももう終わりですよ^^;  今回は約束を違えて2種類追加。サシガメ科のモンシロサシガメRhynocoris leucospilusと、ツチカメムシ科のツチカメムシMacroscytus japonensis。  北海道はサシガメ過疎地だとか後向いてないで道産品をお届けします(謎)。  ツチカメムシのほうは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

更新履歴: 鬼灯庵: 世界のカメムシ

7週目。 ありぱぱさんにいただいたアカサシガメCydnocoris russatusです。 今回は妙アングルの写真も一枚余分に掲載してあります。 前回に続いてモンシロサシガメ亜科ですね。ていうかなんかこの亜科の種が多いですねw意識していたわけではなく、なんとなくそうなっているだけですw サシガメが続いていますが、それは管理人がサ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

更新履歴: 鬼灯庵: 世界のカメムシ

 6週目である。  いつもお世話になりっぱなしのありぱぱさんの送ってくださった標本から、オオトビサシガメIsyndus obscurus をチョイスして紹介しました。  国産のカメムシですが、北海道に産しないものについては「世界のカメムシ」で扱っておりますのでお間違えなく。  北海道はサシガメ類が少なく、そのせいか文献の集まりも悪…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

更新履歴: 鬼灯庵: 北海道のカメムシ

 4週目。  今週は北海道のカメムシをお届け。といっても日本全国に分布する種ですけれども。  アシアカカメムシPentatoma rufipesを追加しました。  「北海道のカメムシ」の項には「新」マークがないので迷ったらごめんなさい。「カメムシ科Pentatomidae」のところです。字小さくてすいません。  今回のような、ど…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

更新履歴: 鬼灯庵; 世界のカメムシ

 世界のカメムシにオオカメムシ科のEmbolosterna taurusを追加。  キャンペーン3週目。  今回の種は外見がかなり特徴であることがかえってあだとなったものか、文献数が多い割に面白くない(爆)。  Chen(1980)やAtkinson(1889)など、どうしても目を通しておきたい文献が数点あったものの、入手ができず…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

更新履歴: 鬼灯庵: 世界のカメムシ

 風邪引いて休みを一日無駄にしてしまった・・・  キャンペーン2週目(笑)  カメムシ科のArocera elongataを追加しました。  今回の記事は我ながらなかなか面白いうと思うのですが、いかがでしょうか。  順調に行けば次週は、オオカメムシ科のインパクトのあるやつが登場する予定です。乞うご期待。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宝探しin my room

 虫屋の生態は、地域によって遅い早いはあるものの、大体一緒でして、オフシーズンともなりますとさてさて一年の収穫(標本)の整理やら文献収集・調査やらと、それなりに充実した日々を送るのであります。  特に冬季採集が望みにくい個々北海道では、一足お先にオフシーズン、とばかりに採集品の整理などを始めました。(実はまだ出かけたくて尻がむずがゆく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

更新: 鬼灯庵: 世界のカメムシ

 久しぶりの更新です。  ホシカメムシ科のPyrrhocoris apterusを追加しました。  さて、シーズンオフを記念して(自虐)、今週から「1週1カメムシキャンペーン」を開催します(謎)。  毎週月曜~水曜に1種類ずつカメムシが増えますのでご期待ください。  キャンペーン期間は「蟲吉がへたばるまで」です。意外と早そう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロシアより愛をこめて

 去る9月某日、ネットで知り合った腰高氏より、極東ロシアで採集したカメムシをいただきました。  本来であればもっとはやくにここで紹介する予定でしたが、まあ、いつもどおりぐずぐずです。  ロシアですよ、ロシア。近くて遠い国。北海道とは色々因縁のある国です。札幌にコーシカというロシア料理屋があってよく呑みに・・・はっ、関係ありませんな!…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シンジュサン(幼虫注意)

 残業で昨日のうちに書き込みできなかった。  最近どうにもくさくさしているので、気晴らしに虫取りに行きました。  秋の円山はヒメツノカメムシがよく目に付きます。クサギカメムシとエゾアオカメムシも個体数が多く、他にセアカツノカメムシ、スコットカメムシ、ハラビロマキバサシガメ、ツチカメムシ、マダラナガカメムシなどなど。  秋の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

超重要文献 Rostria

 しばらくパソコンのない生活を満喫(?)していました。  部屋の掃除をしていたら、いつの間にか模様替えにシフトアップしてしまい、つなげなかっただけですがw  そんな間に重要文献を入手しております。  日本半翅類学会の機関紙Rostriaであります。1~52揃いということで購入したんであるが、到着してみると41~50の一番濃…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アキノウナギツカミのカスミカメムシ

 先日西岡で捕獲した大型のカスミカメムシの正体が判明(というより半明w)。  ブチヒゲクロカスミカメAdelphocoris triannulatus。  カメムシ図鑑1巻の当該種と同一と思われるが、同2巻では「本種にはいくつかの同胞種が含まれていると考えられており、多くのシノニムの整理を含めた再検討を要する」と記されて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more